メイクのノリが悪いのは何故?

昔よりもファンデーションのノリが悪くなった…

そんなお悩みはありませんか?

メイク前の肌状態が乾燥していると、どんなに保湿力の高い下地やファンデーションを使用していてもメイクのノリの悪さは改善されません。肌はしっとりしているのにメイクのノリが悪いというのであれば、実際は肌の内側がカラカラに乾いている「隠れ乾燥肌」の可能性も。

特に空気が乾燥して肌の水分もカラカラになってしまいがちな冬は、1年の中でも特に保湿ケアを慎重に行いたい季節。年齢を重ねて水分が低下している肌にはクリームでのスキンケアもおすすめです。クリームは乳液よりもエモリエント成分の量が多いため肌の水分が蒸発しにくくなるという効果が期待でき、肌にツヤとしなやかさを与える時短術にもなります。ただ、もともと肌の油分量が多い方がクリームを使用するとテカリやすくなるデメリットもあるため、肌質によってはクリームが合わない場合もあります。季節や肌の状態に合わせて乳液とクリームを使い分けたり、場合によっては両方使うというのも有効です。

アイムピンチ美容液のように自らうるおう力を育む美容液をスキンケアに取り入れるのもいいでしょう。アイムピンチ美容液はコラーゲン発酵活動エキスを30%もの高配合で主成分としているため多くの方が肌のうるおい、もちもち感を実感している人気の美容液。その分、少々お高い価格設定にはなってしまうのですが、1週間のお試しコースもあるのでまずは気軽に試すことができるというのも魅力です。アイムピンチ美容液については専門家の解説記事でわかりやすくまとめられていましたので、興味のある方は参考にしてみてください。

肌質や年齢のせいにせず、まずはしっかり保湿ケアを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です