美白ケアをしてもシミが改善しないのは何故?

美白ケアというと、真っ先に思い浮かぶのは紫外線対策ではないでしょうか。しかし、美白ケアをしていても思うようにシミが改善しないという女性も多いようです。

それは紫外線以外にも美白の邪魔をしている原因があるから。

特に敏感肌の方は「炎症誘発因子」というものを健常な肌の方よりも多く持っている傾向にあります。そのため、乾燥・かゆみ・肌荒れなど肌の炎症を引き起こしやすく、それらの刺激がシミの原因になるメラニンの過剰な生成を促すため、紫外線を浴びなくてもシミが出来やすい肌になってしまうのです。

もちろん敏感肌でなくても、慢性的に乾燥・かゆみ・肌荒れなどの肌トラブルに悩まされているという方も同様にシミが出来やすい肌になっている可能性は高いです。そのため、シミを作らせない、悪化させないためには紫外線対策は大前提として、肌トラブルのケアも必要。敏感肌用や高保湿の化粧品など適切なスキンケアアイテムを使い、まずは肌トラブルを改善させることが美白への近道です。

ヨクバリ美白として話題のオールインワン「シズカゲル」は、シミの原因が紫外線以外にもあることに着目して作られており、美白の有効成分はもちろん、抗炎症有効成分や保湿美容成分などを豊富に配合しており多角的な肌トラブルケアを実現しているアイテムのようです。シズカゲルについて専門家が解説している記事でも高く評価されていたので、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

もちろん、シミが出来てしまう1番の原因は紫外線ですので、紫外線対策はしっかり忘れないように!